変動?固定?金利の仕組みを理解しよう

変動金利は金利情勢によって金利が変動する

住宅ローンは、住宅を購入するときに利用できるローン商品です。一般的なローン商品に比べると金利が非常に低く、低金利時代においては1パーセントを切る商品もあります。とはいっても数十年以上借り入れる可能性があるので、それなりに利息負担があります。利用するときは将来の利息も考えて利用しないといけません。金利の種類としては変動金利があり、その名の通り金利が変動するローン商品です。最初に提示されている金利でローンが開始され、その後半年ごとに金利が見直されて見直し後の金利に応じて利息を払います。低金利の状態が続けば、1パーセント以下で借り続けられる可能性はあります。一方金利が上がれば固定金利よりも多くの利息を払う可能性もあります。

固定金利は利用開始時の金利が完済まで続く

住宅ローンを利用するとき、金融機関から変動金利と固定金利のどちらにするか選択を迫られるでしょう。見た目の金利は変動金利が非常に低く、固定金利は変動金利よりも高く設定されています。ただ、将来的に支払う利息がどちらが高くなるかは完済時にしかわかりません。インフレなどで金利が高くなれば、変動金利がものすごく高くなる可能性があります。固定金利はいくらインフレが起きようと開始時の金利で固定されます。また利用時に返済総額が計算でき、返済計画が立てやすいメリットもあります。将来的に金利がどんどん上昇する状況を避けたいのであれば、最初は高めでも固定金利を選ぶといいでしょう。又元利均等や元金均等等のいろいろな返済方法に対応できるメリットもあります。

© Copyright Dream Home Purchase. All Rights Reserved.