消費税が上がる前に購入する方がいい本当の理由

売買価格が2パーセント分アップする

消費税が最初に導入されたときは3パーセントでした。その後5パーセントに引き上げられ長く5パーセント時代が続きます。そして8パーセントへの引き上げと将来の10パーセントへの引き上げが伝えられます。既に10パーセントになるのは決まっていて、後はいつ上るかの状態です。景気の状態によって変更される可能性はあるものの、いずれ10パーセントになります。住宅を購入するとき、新築であれば売買価格に消費税が賦課されます。これまで8パーセントで済んでいたのに2パーセントアップします。100円であれば2円アップする程度ですが、3千万円だと60万円分違ってきます。当然住宅ローンにも影響してきます。消費税が上がる前に買った方が得といえるでしょう。

中古を購入するときの仲介手数料

住宅を購入する時にはいろいろな費用が発生します。ただ、住宅の種類によってかかる費用と掛からない費用があります。新築は不動産業者が直接販売するので、仲介手数料はかかりません。中古で売主と間を仲介してもらうときは不動産会社に仲介手数料を払う必要があります。中古だと売買価格の方に消費税はかからないものの、仲介手数料にはかかります。新築物件を購入するときに比べると、劇的に金額が変化するわけではありません。ただ、消費税が上がる前だとかからなかったお金がかかるのはあまり気持ちがいいものではありません。消費税が8パーセントの時に購入を検討しているなら、消費税が8パーセントの間で決められるようにすれば無駄な支払いを無くせます。

© Copyright Dream Home Purchase. All Rights Reserved.