計画的に!繰り上げ返済の上手な活用法

ボーナスが入った時に実施する

住宅ローンを利用した場合は毎月や年に数回のボーナスなどで地道に返済をしていくことになります。しかし、数百万円や数千万円という金額のローンなので、完済するまで時間がかかってしまいます。 そこで、早く完済する手段として人気なのが繰り上げ返済です。繰り上げ返済をすることで通常よりも返済期間を短くすることができます。ただ、無計画に実施してしまうと生活費や子供の教育費が足りないといった問題の発生に繋がります。 そのため、困らないようにするためには計画的に実施することが重要です。たとえば、まとまったボーナスが支給されるのであれば、その時だけ繰り上げ返済を実施するだけでも完済までの期間は短くなるため、将来の生活の負担を下げられます。

退職金で一気に完済する

住宅ローンの繰り上げ返済を行う場合、退職金は魅力的な資金となります。まとまった金額を入手できるため、利用すれば一気に完済することも夢ではありません。ただ、退職金の全てを返済に充ててしまうと、老後の生活に影響を及ぼす可能性があります。
そのため、退職金で返済を実施するのであれば、一部を充当する程度に留めるべきです。すると、老後の生活に必要な生活費を残せるようになるため、住宅ローンに影響されずに済みます。退職金の金額が少ないのであれば、無理に繰り上げ返済に充てる必要はないです。
あくまでも余裕がある状況で行うようにしましょう。ですが、一部の繰り上げ返済でも返済額や返済期間の短縮に効果的なことは覚えておくと良いです。

© Copyright Dream Home Purchase. All Rights Reserved.